Redpanda

KENJI

『目がボタンシリーズ』

地球上には無数の動植物が存在しているが、その中で人間だけが自然を破壊している。

最も叡智があるとされている人間が、地球の自然を守ることよりも利便性を追求し、創造することよりも破壊を招いてしまっている現実。

何故、動物の目にボタンが縫い付けられているのか。

それは、人間が作ったボタンという人工物を、人間を見つめる動物の目に使用することで、動物の目に映る人間のエゴと滑稽さを表現しているからである。
 
また、ボタンには「繋ぎ留める」という役割がある。

「人間はもっと自然や動植物と共に生きて行くことを意識し、社会を構築して行く必要があるのではないか?」という思いから、自然界と人間界を繋ぐ象徴として、実物のボタンが使用されている。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
Redpanda
作家名
画廊
制作年
2020年
技法
アクリル画
号数
3号
サイズ
27.3×22×2cm
価格
132,000円
買戻し保証

作品一覧に 戻る