オランダ坂より

上砂理佳

長崎に旅した時、かの有名なオランダ坂を上りました。
坂道は急で曲がりくねり、ところどころに石畳。
大きな石を積み上げた低い塀のむこうに、かわらの屋根に白い煙突のついたお屋敷が何軒も見えました。和洋折衷で不思議な光景でした。
それが「東山手甲13番館」と呼ばれる外国人居留地の一角であったと、旅から帰って知ることになります。
蝶々夫人と幼い息子が、夫の乗る船が港に入ってこないか、毎日思いをはせる、そんな光景にしてみました。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
オランダ坂より
作家名
画廊
制作年
2021年
技法
版画
号数
-
サイズ
29×20cm
価格
34,000円
額装有 エッチング用インク ハーネミューレ紙 水彩絵具 買戻し保証

作品一覧に 戻る