10000019862

乳満の柵

棟方志功

― 作品紹介 ―
「道祖土頌」の1作品。1952年制作。陶芸家濱田庄司を鑚仰して制作された四柵一組の作品。「道祖土」というのは、濱田の住む栃木県芳賀郡益子町の小字名である。濱田を讃して作られたものは全部で三組あり、ひとつは「鍾溪頌」のうち「阿王」「呍王」の二図を組み合わせたもの、もう一つは「板歎異経十二芸業仏達板画屏風」を後年「道祖土頌」と称したもの、そして本作品の「道祖土頌」である。
 
― 代表作 ―
「二菩薩釈迦十大弟子」「弘仁の柵」「弁財天妃の柵」
 
― 作家紹介 ―
1903年 青森県に生まれる。
1921年 ゴッホの「ひまわり」を見て画家になろうと決心する。
1924年 東京へ上京
1928年 平塚運一に出会い、版画誌「版」の同人となる。
第8回日本創作版画協会展、第6回春陽会展に入選。
油絵「雑園」で帝展初入選。
1935年 国画会会友に推挙される。
1945年 東京代々木の自宅が空襲で消失。戦前の作品や板木のほとんどを失う。
1952年 第2回ルガノ国際版画展 日本人初の優秀賞 受賞
1955年 サンパウロ・ビエンナーレ 最高賞
1956年 日本人初版画部門での国際版画大賞 受賞
1960年 日展評議委員となる。左眼を失明。日版会を設立。
1963年 紺綬褒章を受章。倉敷の大原美術館に棟方館完成。
1970年 文化勲章受章、文化功労者に顕彰される。毎日芸術大賞受賞。
1975年 肝臓癌のため東京都杉並区の自宅で死去。享年72歳。

1903年、刀鍛冶職人である棟方幸吉とさだの15人兄弟の6番目で三男として生まれる。
豪雪地帯出身のため、囲炉裏の煤で眼を病み、以来極度の近視となる。
少年時代にゴッホの絵画に出会い感動し、「わだばゴッホになる」の発言はあまりにも有名。(友人たちとの会話の中で「大きくなったらお前は何になりたいか」の問いに「私だったら絵描きになりたい」という趣旨であった、ゴッホとは個人ではなく絵描きという職業のことだと思っていた、という説がある)。青森市内の善知鳥神社でのスケッチを好んだ。

1934年、佐藤一英の詩「大和し美し」に感銘を受け、それが制作のきっかけとなる。1936年、国画展へ出品した「大和し美し」が出世作となり、これを機に柳宗悦、河井寛次郎ら民芸運動の人々と交流する様になり、以降の棟方芸術に多大な影響を及ぼすことになる。

1936年、『大和し美し版画巻』という7メートルもの長大な作品を国画会展に持ち込み、柳宗悦ら民芸運動家と出会う。(民芸運動とは、暮らしの中で日常的に使われてきた手仕事による日用品に「用の美」を見出して活用するという日本独自の運動)『大和し美し版画巻』は柳らに買い取られ、日本民藝館に展示されることになり、棟方は「民芸」の道に入っていくことになる。

1942年以降自分の版画は「板画」、作品には「柵」と書くことにこだわりを持つようになる。

1945年、戦時疎開のため富山県西礪波郡福光町(現南砺市)に移住しその後1954年まで在住。棟方はこの地の自然をこよなく愛し、また多くの作品を残した。1946年、富山県福光町栄町に住居を建て、自宅の8畳間のアトリエを「鯉雨画斎(りうがさい)」と名付けた。

1956年、ヴェネツィア・ビエンナーレに「湧然する女者達々」などを出品し、日本人として版画部門で初の国際版画大賞を受賞。1969年2月17日、青森市から初代名誉市民賞を授与され、翌年には文化勲章を受章する。

1975年、日展常任理事となったが、9月13日、東京で肝臓癌のため永眠。青森市に棟方志功記念館が開館する。三内霊園にはゴッホの墓を模して作られた「静眠碑」と名付けられた墓がある。棟方志功記念館が開館する。

― 作風・人物 ―
縄文的血脈の現代的開花とも評されるその作風は、独特の宗教的表現主義である。
日本画の大作も多い。肉筆画作品は「倭画」と言われ、国内外で板画と同様に評価を受けている。

20世紀の美術を代表する世界的アーティストの1人で、「わだ(我)ばゴッホになる!」という名言でも知られている。

棟方の作品は、ふっくらとした真っ赤な頬の女性像が象徴的だが、実は彼は自身が感動した詩や伝説を版画にしたり、仏像に感銘を受けて作品を彫っている。

大変な近視のために眼鏡が板に付く程に顔を近づけ、軍艦マーチを口ずさみながら板画を彫った。

大のねぶた好きであり、作品の題材としても描いている。中には歓喜する自身の姿を描き込んだものもある。また生前ねぶた祭りに跳人として参加している映像や写真も現存する。

棟方は一般な版画家のようにはまとめて作品を摺り、必要に応じて限定番号を入れるやり方を嫌い、必要な時に必要な枚数を摺り、その時点で必要であれば擦った日付とサインを入れた。棟方がサインを入れ始めたのは1955年前後であり、戦前の作品にはサインが無い。作品の題名が変わることも頻繁にあり、注意を要する。

作品情報

作品タイトル
乳満の柵
作家名
画廊
制作年
-
技法
板画
号数
-
サイズ
29x22cm
価格
1,500,000円
買戻し保証

作品一覧に 戻る