Language 2

Nishiko

私達は秩序と混沌があり、今は言語化された象徴秩序が異常なほど支配しております。しかし人は秩序のみの存在ではありません。ですから強い暴力や強い性がその歪みから染み出しているのだと思います。暴力と性はそれを語る事も日本では隠されていながら実際のところ我々はフィクションによってそれを補完しています。しかしこのままではそれが皺寄せとなりいずれ噴火してしまう。それを踏まえてこの絵を作りました。暴力の亡霊はその男性性から彼女(全て)を傷つけます。時にその力は頭部を割り泰然と吹き出す液体を顕にします。しかしながら、それは圧倒的な女性の開かれた感覚により包括されてしまいます。何をしたところでこの慈母的な包括からは逃れられません。過去に傷つけられた胸はもう縫合が始まりその治療が進んでいます。これは暴力を謳うものではありません。その逆です。どのような力が働こうともその完全性には敵わないのです。その関係は男女ではなく言語、そして全体と部分の目線からこれを表す事が今の秩序による”痛み”を無に帰す事が可能でありました。徹底的な秩序の青と人々の生命の真の色である赤の上で成り立つのはただ生きることの肯定以外に他なりません。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
Language 2
作家名
画廊
制作年
2022年
技法
ミクストメディア
号数
4号
サイズ
21.0×29.7×1.2cm
価格
110,000円
買戻し保証

作品一覧に 戻る