時を経て

おーさかまい

…実はこの作品、最初に仕上がった時…そう、メディウムが乾いた時、わたしは初めて”失敗作だ”と思ったのです。
理由は、制作時に色々と考え事をしていて、コーティングを艶消しではなく、なぜか艶出しを使ってしまったということと、なにより”考え事をしていて制作がつまらなかった”のが元凶です。
その後、わたしは”作品がかわいそう…手直ししよう!”と思い、わくわくしながら色々手直ししてみたらやっぱり楽しくて、わたしとしてはこんなにも印象が変わってくれたことが嬉しくなりました。
と、前置きがかなり長くなりましたが、、
手直し中、候補として思いついた作品名は「幾重にも」でした。
単純に、幾重にも画材が乗っているからです。
しかし、仕上がったこの作品の表面をよーく見てみると、、
なんと!不思議なことに…自然とできた軽いひび割れのような模様がコーティングされていて、面白いことになっていました!!
…そんなわけで、わたしがつけた作品名は「時を経て」になりました。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
時を経て
作家名
画廊
制作年
2022年
技法
アクリル画
号数
F4号
サイズ
24.2×33.3×2cm
価格
40,000円
額装無 キャンバス 買戻し保証

作品一覧に 戻る

作品キーワード

必要なキーワードをチェックして下の検索ボタンをクリックすると、キーワード検索ができます。