赤いハイビスカス~幸せを数えたら片手でも足りる♫

柿本英雄

この絵は私の故郷の串本の花の赤いハイビスカス、常夏のイメージがある花であるが、私の故郷も常夏に近い町である。コップに入れたのはばんばひろふみの名曲「SATIKO」のインスピレーションからのひらめきである。1日で枯れ、また、咲く
幸せと、不幸せを繰り返すのが人の人生であり、このハイビスカスに例えた。鮮烈な赤も多くの垢系が使われている。
強く生きる意味を決めて描いた珠玉の花画である。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
赤いハイビスカス~幸せを数えたら片手でも足りる♫
作家名
画廊
制作年
2020年
技法
油彩画
号数
F10
サイズ
58x51x5.8cm
価格
600,000円
額装有 買戻し保証

作品一覧に 戻る