袋井の柵

棟方志功

『東海道棟方板画』のうち1柵。『東海道棟方板画』は、東京から大阪までの東海道を、1963年から翌年2月まで7回におよぶスケッチ旅行を行い62柵の板画にした連作作品で、色彩摺りと墨摺り、縦長と横長の作品が交互になるように構成されている。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
袋井の柵
作家名
画廊
制作年
1964年
技法
版画
号数
-
サイズ
36.8×45.5㎝
価格
1,125,000円
額装有 買戻し保証

作品一覧に 戻る