臼摩太(うすのまうた)

スッポンマスター

【この絵のあらすじ】

臼摩太(うすのまうた)  〜
大餅ノ鼈吉(おおもちのべつきち)
帝国スッポンの飼い主。
大庄屋。

1024(治安元年)生まれ〜1221(承久3年)没。

暗庵紫国※(注1)ヲロチ郡しもじゃれこうべ町の、赤女良川の川底の砂底で生まれる。
赤黒城(せきこくじょう)城主。※(注2

皮膚の色は紫。

身の丈216cm
守護霊:スッポン

父親は、初代帝国スッポンを発見した、
土魔九兵衛(つちまきゅうべえ)。

九兵衛は、平安期の妖人集団、
土魔衆(つちましゅう)を結成した。

土魔衆は、妖人(スッポン)集団である。スッポン、猿猴、スッポンと人間のあいのこ、のあつまりである。

九兵衛自体は人間であるが、ある時、赤女良川のぬしといわれるスッポンを倒し、生き血をまるまると飲み干した。
すると、女良川に棲息する大勢のスッポンが、たちまち彼の元を訪れた。

九兵衛の邸宅では夜ごと宴会をもよおした。
中でも、ぬしのなかのぬしと呼ぶに相応しいスッポンがいた。
体長400mにもおよぶ超巨体スッポンである。

九兵衛はこのスッポンを、帝国時代に活きるスッポンという意味で、帝国スッポンと名付けた。

大和国のみずうみ、✧雲亭餅つき湖(うんていもちつきこ)✧の湖底(水深4,800m)に棲息している。

帝国スッポンは、2022年現在も生存中で、すると、年齢は実に2000歳を超える。

※注1)暗庵紫國(あんあんしこく)・・・暗がりの色彩と紫の色彩が混雑するけぶり、もしくは靄(もや)が、あたりに漂い、幅30mばかりの川が轟轟と流れている國。いまでいう、島根県奥出雲町。

(それぞれ4端に、画びょうによる壁面接着跡あり。画用紙8枚を結合した上に制作。)

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
臼摩太(うすのまうた)
作家名
画廊
制作年
2021年
技法
-
号数
-
サイズ
152×106.6×0.02cm
価格
500,000円
買戻し保証

作品一覧に 戻る