夏峡(かきょう)

スッポンマスター

【この絵のあらすじ】

峡谷うなぎ・・・

全長9m。(オス)

肉食。

黒褐色の、ぬめりの皮膚に覆われる。メスのほうが、オスより大きく、倍近くになる。

うなぎは、普通、海から川、池を泳いでいるが、ごくまれに、山奥のきれいな川、渓流、果ては峡谷にまで泳ぎ着いた個体がいる。

それがそこを棲家とし、大山椒魚と、ふるなまずを食べて巨大になった。

ある村の勇者が、この峡谷うなぎのはなしを聴き、仕留めて村に持ち帰ると約束し、峡谷に出発した。

※(A4 高光沢紙 6枚綴り。セロハンテープにより連結。筆ペンによる下描き後、コピック、アルコールマーカー、による着色。)

※6枚綴りなので、折りたたみ可能です。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
夏峡(かきょう)
作家名
画廊
制作年
2021年
技法
-
号数
-
サイズ
42×89.1×0.027cm
価格
500,000円
額装無 買戻し保証

作品一覧に 戻る