石と少女と…

福田悠野

一面に広がる石の中には白い積み木の様なものも混ざっています。
人工物と自然物の入り混じる、少し不思議な世界観を描きました。ぽつんと佇む少女はいったい何者なのでしょうか。これから家に帰るのか、それとも旅に出るのか…。見る方一人ひとりに物語を想像していただけると嬉しいです。

私は子どもの頃から石が大好きでした。不思議な形、美しい色合い、心地よい手触り…。
時にははっとするような面白い形も。
私の作品の中にも、そんな心地よさを詰め込みたいのです。

拘りの手作りの額もポイント。

(技法:板に布のカンヴァスに、水彩テンペラ)

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
石と少女と…
作家名
画廊
制作年
2020年
技法
-
号数
4号
サイズ
22×33.3×5cm
価格
66,000円
額装有 買戻し保証

作品一覧に 戻る

作品キーワード

必要なキーワードをチェックして下の検索ボタンをクリックすると、キーワード検索ができます。

ニュース配信

メールアドレス ※