須藤美保

精霊の存在を信じたいと、そういう世界を表現したいとずっと思っているのです。
モチーフは変遷していて、都会の風景から野山の樹木、草花。まだ描いていないものもたくさんあるけれど、花には執着しています。花の精霊が描けたらいいな。

花を組み合わせてみようと考えてこんな作品を描き始めています。お互いに引き立てあうような花と色を選ぶのは主役と脇役のようにストーリーができるかもと思うのです。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
作家名
画廊
制作年
2021年
技法
油彩画
号数
8号
サイズ
38×45.5×6cm
価格
320,000円
額装有

作品一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※