北風と太陽 アマビエ

サカグチカオリ

北風と太陽シリーズの作品です

このコロナ禍で一番感じたのが、人のやさしさではないでしょうか?

タイトルの「北風と太陽」はイソッブ寓話からきており、大体こんなあらすじです。

~~~~~*~~~~~~~*~~~~~~~~*~~~~~~~*~~~~~~~*~~~~~~~~*~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~*
「北風と太陽」
ある時、北風と太陽がどちらが上かについて言い合いをしていました。
そこで、どちらが、旅人の上着を脱がせることができるか、という勝負をすることにしました。

まず、北風が力いっぱいヒューヒューと吹いて旅人の上着を吹き飛ばそうとしました。

しかし寒さを嫌った旅人が上着をしっかり押さえてしまい、北風は旅人の服を脱がせることができなかった。

次に、太陽が燦燦と照りつけた。すると旅人は暑さに耐え切れず、今度は自分から上着を脱いでしまった。

これで、勝負は太陽の勝ちとなった。

~~~~~*~~~~~~~*~~~~~~~~*~~~~~~~*~~~~~~~*~~~~~~~~*~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~*
冷たく厳しい態度で人を動かそうとしても、かえって人は頑なになるが、
暖かく優しい言葉を掛けたり、態度を示すことによって初めて人は自分から行動してくれるという教訓があります。

もしかして、怖いコロナもその存在を認め、やさ~しく姫のように扱ってあげると満足しておとなしくなるのかな、と思いました。

作品は、太陽や菩薩のように、まるっこいかわいらしいアマビエ様がコロナたちをなだめている図を表現しました。コロナたちはアマビエ様のやさしさに感動し、泣いています。

コロナたちは、コロナの存在感を強調するため、立体的に仕上げています。

2020年に関西地区でロングラン巡回開催され関西地区を席巻した「コロナVSアマビエ展」が2021年10月上旬に開催された音楽と芸術の祭典、アート神戸プレミアムにて開催され、製作しました。

コロナVSアマビエ展とはタイトル通りコロナとアマビエをテーマにした展覧会で、子供さんから、国内外で大活躍のたくさんの作家さんたちが、アイデア豊かな、様々な解釈で制作した作品の展示をし人気を博しました。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
北風と太陽 アマビエ
作家名
画廊
制作年
2020年
技法
アクリルガッシュ on canvas 造花の芯、筆ペン
号数
SM
サイズ
サムホール
価格
30000円
額装無 キャンバス 買戻し保証

作品一覧に 戻る

作品キーワード

必要なキーワードをチェックして下の検索ボタンをクリックすると、キーワード検索ができます。

ニュース配信

メールアドレス ※