10000010184

かくれんぼ

高城ちひろ

高城ちひろは、1988年埼玉生まれの画家です。
2013年に東京芸術大学絵画科油画専攻を卒業後、ヨーロッパへ渡り2018年フィレンツェアカデミア美術大学にて絵画技法やヨーロッパ金工を学びました。高城は自身で見る夢を目が覚めてからも鮮明に記憶している体質で、その情景をずっと描き続けてきました。
《作家コメント》わたしは幼い頃から夢をよく覚えている。夢であった出来事か、現実の出来事か分からなくなる事もある。行った事のない場所に行ったり、空を泳いだり、夢の世界は絵の世界のように自由だ。中でも恐怖を感じた夢は忘れられない。恐怖や痛みを感じた時、不思議とそこからなる。痛みと快感pleasant sensationは表裏一体だと思う。金縛りが好きだ。金縛りにあった時に感じる「目に見えない存在」に恋をした。その「人」に会いたくてわざと金縛りにあいやすい格好で眠ったりもした。会うことのない誰かへの想いは、絵に描くことで少しずつ消化できる気がする。わたしにとって夢の中で過ごす時間は、昼間の生活と同じくらい大事な時間。わたしの心と頭のどこかで生まれた「夢」を描く事で、わたし自身の恥ずかしいところや嫌なところを愛することができる。

作品情報

作品タイトル
かくれんぼ
作家名
高城ちひろ
画廊
制作年
2019年
技法
ペインティング
号数
-
サイズ
515mm×364m
価格
-
額装無

作品一覧に 戻る

作品キーワード

必要なキーワードをチェックして下の検索ボタンをクリックすると、キーワード検索ができます。