奇想の天才絵師 河鍋暁斎

幕末から明治にかけての動乱期を、自由な発想で生き抜いた奇想の天才絵師、河鍋暁斎〈かわなべきょうさい〉(1831~89)。
狩野派の伝統を受け継ぐ絵師でありながら、その画業の豊かさは、美人画・仏画・花鳥図・戯画・挿絵にデザインなど枚挙にいとまがなく、近年各地で開かれる展覧会に訪れる人をますます魅了してやみません。また、鹿鳴館を設計したイギリス人建築家ジョサイア・コンドルを弟子にしたことからも、常識にとらわれない強烈な個性がうかがい知れます。



続きを読む
 

川崎浮世絵ギャラリー

お知らせ一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※