わしゃ、今が花よ 70歳で開花した絵心 丸木スマ展

家事、育児、仕事と休むことなく働き続けてきたスマ。
《原爆の図》で知られる画家、丸木位里(まるき・いり)の母です。70歳を過ぎて初めて絵筆をとると、天真爛漫な絵を次々に描き始めます。その作風は画壇に驚きをもたらし、女流画家協会展や院展で入選を重ねました。

本展では、スマが画家として生きた9年間の作品を年代順に紹介します。自分でも「おかしかろうがの」と笑い、家族たちを楽しませた初期のスケッチから、独特の感覚で世界を表現し、構成した作品へと、その変遷をたどります。



続きを読む
 

ベルナール・ビュフェ美術館

お知らせ一覧に 戻る