春の江戸絵画まつり 与謝蕪村 「ぎこちない」を芸術にした画家

深く静かな趣をたたえる自然の中の情景、飄逸で洒脱な俳画、そして、どう見ても気色の悪い、いわば苦みを発散する人物画。そのどれもが、与謝蕪村(1716─83)が到達した晩年の画境です。



続きを読む
 

府中市美術館

お知らせ一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※