電線絵画展-小林清親から山口晃まで-

街に縦横無尽に走る電線は美的景観を損ねるものと忌み嫌われ、誰しもが地中化されスッキリと見通しのよい青空広がる街並みに憧れを抱くことは否めません。しかし、そうした雑然感は私たちにとっては幼いころから慣れ親しんだ故郷や都市の飾らない、そのままの風景であり、ノスタルジーと共に刻み込まれている景観でありましょう。



続きを読む
 

練馬区立美術館

お知らせ一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※