アウシュビッツ、コロナ禍、絵画。小林正人評 松下まり子「居住不可能として追放された土地」展

絵画を中心に多様なメディアを用いながら、生や性のありようを表現してきた松下まり子。
 

 
続きを読む
 

美術手帖

お知らせ一覧に 戻る