南桂子生誕110年記念「蝶の行方」展

20世紀後半、フランスで抒情溢れる作品を制作した銅版画家、南桂子(1911-2004)の生誕110年記念展を開催します。
南桂子は、富山県高岡市に生まれ、高等女学校時代から絵画や詩作に親しみました。戦後、東京に出て油彩画を発表する中で、後に20世紀を代表する銅版画家となる浜口陽三と出会い、銅版画の魅力を知ります。



続きを読む
 

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

お知らせ一覧に 戻る