【名画を語る~兒嶋画廊 歳時記~】児島善三郎

児島善三郎「 国分寺風景(森)」12号|個人蔵

 

朴の葉や秋天高くむしばめる 飯田蛇笏

 
 武蔵野台地はほとんどが雑木林と開墾された新田に覆われたなだらかな丘陵地でした。
 北西方面からみて、秩父から連なる山間地を出ると森と呼べるほどのところは、
現在トトロの森で有名になった狭山丘陵以外に大きな森は見当たりません。
この絵が描かれたころからどんどん開発が進み雑木林も切り開かれ、現在、緑が自然の形でのこっているのはグーグルの航空写真を見てもほんの僅かです。
 そんな貴重な森が我が家のすぐそばに今でもあります。そこは国分寺崖線とよばれ、国分寺から深大寺を経て田園調布の方までつながっている古い多摩川の河岸段です。毎朝犬と散歩するコースになっているのですが、急峻な斜面のせいで開発から逃れ、背の高い木々が天を覆うように枝を広げています。昔はその森も今よりずっと広く深かったと思います。
 この絵はおそらく間違いなくその森を描いたもので、他に未完の習作が一点残されています。善三郎の画としては構図、色彩共にちょっと変わった感じを受けます。何より色調が暗いですよね。きっと晩秋の夕暮れ近くなのでしょう。

 次は、画面左側の楢か櫟に見える高木がほとんど平面的に描かれているのが不思議ですが、それにはわけがあります。

 他の木々は思いっきりデフォルメされていて、いちばん右の空中に浮いているような木はまるで遊園地の絶叫マシンのように震動して見えます。
白の縁取りが加 速して、画面上半分はリズムを取りながらアフリカンビートを打っているみたいです。静と動を極端な対比で見せている訳です。こんなのは、なにか前衛音楽の 図形譜で見たような気がしてきました。それと、もう一点変わって見えるのは、おなじみの小屋の形の人家が無いことです。たいがい家や畑や田圃など生活の気 配が画中に織り込まれているものですが、この絵ではその代わりに左の木の下に通り抜けられそうな小道が暗示的に示されています。トトロが寝ている場所に通 じる小径みたいです。常に表現の可能性に挑戦し続けた善三郎らしい意欲的傑作だと思い、新画集では150点の名作選の中に入れました。
掲載の蛇笏の句もな かなか味わいがあり、この絵と深く通じているように思います。天高くそびえた木々の梢のシルエットがまるで毛虫や蚕が葉を食いちぎった後の穴凹だらけのよ うに見えたのでしょう。鋭い感性まで透けて見えるようです。
 
(2012年11月号)

 

  兒嶋画廊  


国分寺崖線の上に立つ藤森照信氏設計の丘の上APT(トタンの家)において、様々な展覧会活動や地域との共同事業を行う。児島善三郎作品をはじめとする日本の近代洋画、1960〜70年代の現代美術、藍染古布などのテキスタイルアート、縄文土器や土偶などジャンルを越えて私たちの日々の生活に活力を与えてくれる美的鑑賞物を展示販売する。
 
-作品のお問い合わせ先-
〒185-0024 東京都国分寺市泉町1-5-16
Tel/Fax:042-207-7918

 

 

  児島善三郎  

 
治以降の日本近代洋画を代表する作家の一人として、戦前、戦後を通して活躍する。特に「日本的洋画の完成」を目指し油彩画の基本に加え、南画や琳派、浮世絵の研究を重ね、大胆な様式化や絢爛なる色彩を駆使し「善三郎様式」と呼ばれる独自の世界を築いた。初期の人物画から松の木を大胆に取り入れた風景画、中期以降の豪華な盛り花や薔薇の絵など多くの人に今も愛され続けている。
その画業は独立美術協会のみならず画壇全体に大きな影響を残した。
近年は香港や中国のオークションにも優作が出品され、アジアの市場でも人気が高まっている。
 
 
 
 

 
 
■ 全文はこちらからダウンロード可能です。
 

 
 

お知らせ一覧に 戻る