オッソ・フォーレ展 "Patterns in Chaos " - ニュース
NEWS & EXHIBITION オッソ・フォーレ展 "Patterns in Chaos "

オッソ・フォーレ展 "Patterns in Chaos "

ロジャーロビンソンプレスリリース.bmp

いきなりVortex(F3) 穴あけパンチ

ロジャーロビンソンプレスリリース2.bmp

My Muse 01(F3) 穴あけパンチ・アクリルガッシュ

ロジャーロビンソンプレスリリース3.bmp

パンチ(F3)穴あけパンチ

2 0 1 9年8月6日(火)~16日(金)開廊14:00~19:00 休廊12日(月/祝)
10日(土)18:00~20:00 作家を囲む生ビールパーティ-

マルチ・アーティストと学校教師の二つの顔をもつロジャー・ロビンソンは自分のあがり症を抑えるため、仮名Otho Faure(オッソ・フォーレ)で美術、そしてA04(アレヨ)で倶楽部DJの活動をしている。近年は、画廊巡りを中心に活動し、2016年にいりや画廊にて初個展「実験・体験」を開催。その個展の1週間の結果は文字通り「実験」と「体験」そのものでした。

それから3年、「実験・体験」の一部の作品を更に研究しました。今回開催予定の「Patterns in Chaos」(パターンズインカオス)の作品の多くは、穴あけパンチを使用しコラージュ風に制作しています。材料は全て画廊巡りの活動中に訪れた展覧会の案内ハガキで、約20点の展示予定です。私たちは日常生活を送る上で複雑な社会を理解するために、いろいろなルールを作ります。起床、食事、仕事、睡眠を繰り返して生きています。当然毎日は違いますが、それは「許容される小さな違い」です。

私の制作についてもそれは同じです。「白」と判断された材料は他の「白」と比較すると違う色に思いますが、それは「許容される小さな違い」としてどれも「ホワイト」であり続けます。想像した作品と完成した作品は、確かに違います。想像した人生と実際の人生にも同じことが言えます。それが本展「Patterns in Chaos」(パターンズインカオス)の事です。と作者は語ります。個展開催中、彼は毎日インスタレーション作品を制作しながら在廊する予定です。

会場:B-gallery
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-6重要文化財フランク・ロイド・ライト設計自由学園明日館西隣
会期:2 0 1 9年8月6日(火)~16日(金)開廊14:00~19:00 休廊12日(月/祝)
※10日(土)18:00~20:00 作家を囲む生ビールパーティ-

プロフィール

1970 アメリカ合衆国カルフォルニア州生まれ
1993 カルフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)卒業(心理学部) 
    同年来日
2003~現在 DJ A04として活動開始
2005~2007年 Soundmineのヴォーカリスト活動
2016 初個展「実験・体験 Experiments・Experiences」@いりや画廊(東京)
2019 個展「Patterns in Chaos」@B-gallery(東京)