井上神節 「蒐–SHIU–」(シウ)

展覧会情報


井上神節の個展。「蒐」とは赤いグロテスクな根を持つ花「アカネ」を意味しております。
苦しみの中にもきっと一輪の美しい花を咲かせることができるはず。というコンセプトです。主に日本画、絹本着色の作品 新作10数点の展示となります。是非この機会にご高覧下さい。(  展覧会の詳細はこちら  )

    井上神節  

井上神節(イノウエジンセツ)
日本画家・津軽錦絵師/アーティスト(2021年6月現在)

人間の本質–essence– あらゆる人間の不思議さ、芸術って何なんだ、痛みとは何だ、と日々作品にて問い続ける。
伝統と革新を求める。

▼略歴
平成14年(2002) / 青森県弘前市生まれ。
幼少期から地元、青森県津軽地方に伝わる伝統行事「ねぷた」「ねぶた」祭りに感銘を受け、特に山車に貼られる主に北斎式の錦絵「ねぷた絵/別名 津軽錦絵」に強い刺激を受けた。

平成28年(2016) / 14歳 
当時(中学3年生)にて錦絵師のプロとして独立。
以後、10数台の錦絵を毎年描き続けている。

令和2年(2020) / 18歳
「ねぷた」「ねぶた」津軽錦絵師 歴史上初となる18歳(高校3年生)にて展覧会を開催。
 県内外から約3000人以上の来場者を記録。

 
 

会場
GALLERY ART POINT.bis
会期
2022.08.22 ~ 2022.08.27
時間
12:30~20:00(※最終日は17:00まで)
休廊日
住所
〒104-0061 東京都中央区銀座 1-22-12 藤和銀座一丁目ビル 6F
TEL
03-6263-2563

戻る