詳細情報

  • 制作年
  • 2022年
  • 技法
  • サイズ詳細
  • 73×81cm
  • 額装
  • なし
  • 税込価格
  • 230,000円
  • 特記事項
  • 無し

アーティスト

関連作品

買戻し保証付きとは?

日本橋Art.jpでご購入いただいた買戻し保証対象作品に対して、お買い上げ日から2年以内であれば、ご購入価格の【50%~100%】の価格で絵画の買取を保証する日本橋Art.jp独自のサービスです。万が一、絵画を手放したくなった際に、売却先や買取価格に悩むことがなくなるため、より気軽に絵画をご購入いただけます。買戻し保証の条件や買戻しの流れなどの詳細は「買戻し保証サービスとは」をご覧ください。

色は匂へど

¥230,000

買戻し保証

数量

「色は 匂へど 散りぬるを 我が世たれそ 常ならむ 有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず」

いろはは、手習いの手本や物の順序を表す符号として平安中期から広く用いられて来たが、その意味は深い。「香り豊かな花も、いずれは散ってしまう。この世に生きる誰しもが、その命は永遠ではない。仮想である現世に酔れることなない」という諸行無情を解く。四十七文字に込められた意味は深い。加えて、世のすべてのものは、移り変わり、また生まれては消滅する運命を繰り返し、輪廻転生を繰り返す意味も含まれている。

作品は、銀鼠の箔をランダムに箔押しをして、文字は上部に配置し、宙に浮いてるようなイメージを持って書いた。作品を取り囲むように枯れ蓮を置く。これは、ボロボロの羽織裏を使った。朽ちる蓮の葉の中に、生命のあるトンボを一対を貼りいれた。このトンボで輪廻転生を表現したかった。

(素材:箔・墨・アンティーク着物や帯(古布))