作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

清水 佳代子

Shimizu Kayoco

主にアクリル絵の具を使い、混ざり合う途中の色や偶発的な表情を作り出し組み合わせることにより「感覚に訴える絵画」を意識し制作している。近年は抽象的な作品が多く、ライフワークである「Mind Record」シリーズは作者自身の日々の「心の記録」であり、その変遷をも映し出している。
 
 
私は日記をつけるときに、その日あった出来事ではなく、その日の気持ちを書いてしまいます。なので何度も同じようなことが書かれています。何をしたか、誰と居たか、が抜け落ちているので、読み返しながらそこにある言葉の断片から、その日のことを少しずつ思い出さなくてはなりません。肝心な、日記としての役割をまるで果たしていないのです。
 
私は役立たずの日記を、同じように書いては読み返し、その日の出来事を推測します。文字はよくよく見ると、力強かったり、弱々しかったり、殴り書きだったり、滲んでいたり、時々星やハートマークが添えられていて、線や形に滲み出た「感情」が、ゆっくりと懐かしく思い起こされるのでした。
 
そんな日常の中で生まれる様々な想いを、いつしか絵の具で表現したいと思うようになりました。日記の揺らぐ文字に沁みでた想いを、絵の具の色や形やマチエールで表わせないだろうかと試行錯誤していく中で、色同士が混ざり合い、美しく呼応しだしたとき、言葉では表現し得ない、想い以上の何かが伝わるような気がしました。
 
曖昧な境界線やエッジの効いたライン、少しだけ不純物の入ったオフホワイト、布に染み込んだ絵の具や深い痕跡を残すマチエール。鮮やかな色、鈍い色、それらが混ざり合う途中の色。そしていびつに歪んだ愛らしい偶然の産物。制作の中で生まれるいくつものかけらたち。
 

地球上の様々な出来事に思いを馳せ、自己や他者によって繰り返される破壊と刷新に日々感情を揺さぶられながら、刹那的に移りゆく自身の心の断片が、制作の過程で生まれるいくつもの要素の中に淡く滲んでゆく気がして、今はその愛しいかけらたちを、日々の記録としてキャンバスに紡いでいます。
 

【 ブログ 】

▼略歴
宮城県出身。
2008年 / 第25回FUKUIサムホール美術展 入選。
2009年 / 第26回FUKUIサムホール美術展 入選。
2009年 / 第12回リキテックスビエンナーレ 特別賞受賞(スパイラルホール/青山)
2013年 / TOKYO DESIGNERS WEEK 2013 (明治 神宮/TDW ART FAIR ブース内)。
2014年 / ART POINT Selection Ⅲ 画廊選抜作家グループ展 (GALLERY ART POINT /銀座)。
2015年 / New year Selection(GALLERY ART POINT/銀座)
2016年 / 清水佳代子展 [個展](壌 / 西麻布)
2018年 / ATCアート大賞展 佳作入選 (The Artcomplex Center of TOKYO)
2018年 / 清須市第9回はるひトリエンナーレ入選。 (清須市はるひ美術館/愛知)
2019年 / 個展「メモワール-Memoirs-」JINEN GALLERY(小伝馬町/東京)
2020年 / 個展(巡回展)「メモワール-Memoirs-」aギャラリー(川越/埼玉)

展覧会一覧

ブログ一覧