作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

Masa Hayami

Masa Hayami

”精神、歴史的封建時代の日本で美徳だった、”潔さ”、断固とした落ち着きこそが大切と考え、その時”を捉え、決断をしていきます。戻ってそのライン、線自体を直したり、描きなおすことはできないと考えるからです。私自身の”その時”の存在を表現、心と体を一体にして描き、私自身をすべて映し出していくプロセスです。前に進む。後ろは振り向かない。後悔をしない。強いこころを持ち、”流れ”を自ら作っていくのです。
 
 
小学五年生までは日本の小学校。五年生からインターナショナルスクールに通い、大学はイギリスへ。両親は日本人。小さい頃から様々な人種や国籍の人々の中で育ち、インターナショナルな環境で教育を受けてきた。
幼少の頃から実の父が日常的に暴力を振るう家庭で育ち、また継母にしばらく育てられたりと、色々な複雑で悲しい経験をしてきた事から、人間が生きる意味や心の在り方、人の幸福、人と人が繋がる意味、精神性についてなどを考え生きてきた。
 

“線・ライン”をベース、書道と禅、ZENをヒントに、水、自然、生命、血管、宇宙、地球などからインスパイアを受け、”流れやリズム”を用いて表現。
環境、社会や世界などの題材をベースに、人間の生きる意味、生き方、心の在り方など、内面追求・精神的問いかけで制作。
アートを通じて、人々と 内面・精神的会話を目指している。
 
作品は主にアクリルとスプレー、自然の木や砂、アクリルやPVCシートを使用。

展覧会一覧

ブログ一覧