横山大観 - 作家データ - 日本橋Art.jp(日本橋アート)
作家検索 検索結果 横山大観(Taikan Yokoyama)

横山大観

Taikan Yokoyama

茨城県に生まれ。東京美術学校第一期生として、岡倉天心や橋本雅邦の薫陶を受ける。
明治31年、天心指導のもと日本美術院の創立に参加。新しい日本画の創造に邁進した。
大正3年に美術院を再興すると、以後院展を中心に数々の名作を発表。
昭和12年には第1回文化勲章を受章し、明治・大正・昭和と日本画壇をリードし続けた。

日本画家。茨城県生。岡倉天心・橋本雅邦に学ぶ。天心の日本美術院創立に参加、また日本美術院を再興し中心作家として活躍。明治・大正・昭和の三代にわたり第一線で日本画を革新し続けた。文展審査員・帝室技芸員・帝国美術院会員。朝日文化賞受賞。文化功労者。文化勲章受章。昭和33年(1958)歿、89才。

BIOGRAPHY

1868年
水戸市にて生まれる。

1885年
東京英語学校に入学
渡辺文三郎に鉛筆画を学ぶ。

1889年
東京美術学校第一期生として入学。岡倉天心、橋本雅邦から学ぶ。

1893年
東京美術学校卒業。

1898年
東京美術学校助教授辞職。  
日本美術院創立に参加。

1903年 (明治36年)
カルカッタで作品展を開く。
第15回絵画共進会に『釈迦父に逢う』を出品。

1904年
ニューヨーク、ボストンで作品展開催。

1905年
ロンドン、ベルリン、パリで作品展を開く。

1907年
文展審査委員。国画玉成会評議員となる。

1913年
日本美術院を再興する。

1924年
下村観山、竹内栖鳳、川合玉堂らと淡交会を結成。

1930年
イタリアに美術使節として出発。

1935年
帝国美術院会員となる。

1937年
第一回文化勲章を受章。

1940年
紀元2600年奉祝記念展に『山に因む十題・海に因む十題』を出品。

1952年
第37回院展に『或る日の太平洋』を出品。『霊峰不二』制作。

1955年
第40回院展に『風簫々兮易水寒』を出品。

1957年 (昭和32年) 作品『不二』絶筆となる。

1958年 (昭和33年) 逝去。正三位勲一等旭日大綬章を追贈される。享年90歳

Artworks作品紹介

サイズ 131cm×28cm
技法 掛け軸

Other Recommendations他のおすすめの画家さん