村田純江 - 作家データ - 日本橋Art.jp(日本橋アート)
作家検索 検索結果 村田純江(Sumie Murata)

村田純江

Sumie Murata

2000年からは、特に自然や大気の様々な表象に関心を抱き制作してきました。
素材は、土そのものの色や質感を活かすよう努めています。
3・11震災以後、毎年、蠢く・揺れる・ざわつく・ひかりさす・たゆたうひかり・孕む
ひかり等の空気感をテーマに制作しています。
主に、綿布の裏から土を滲み込ませて、染みで表現しています。
イタリア、フランス、スペイン、キプロスなどの土を使っています。
綿布を縫い、皺や凸凹や、2017年からは、気の溜まりの袋を画面上に点在させています。

BIOGRAPHY

<略歴>
1983~ 国展(‘93国画賞、’94TY賞、‘99会員推挙)
1990~ 流山市展
1996~ CAF展、CAF・N展
2000  毎日新聞社現代日本美術展
2004  Contemporary Art from Japan Exhibition(アイスランド ハフナボルク美術館)
2006  CAF・N Mishigan Exhibition(ミシガン ドウダースタットセンター)
2008  天然の色展(札幌モエレ沼公園)
2012  滝貞夫・村田純江親子二人展(流山市生涯学習センター)
      ビエンナーレうしく
2014  R(ev)ivel村田純江・坂本伸市二人展(G櫟)         
2015~(隔年) 女流作家展(千葉ジュライ)
2016~ 秋元松子記念展
2017  M&Y立体展(銀座Gあづま)
2019  R.1.3展 中根和美 丸山東平 村田純江三人展(杜のアトリエ黎明) 
 
―個展―
スペース202(根津)、アンドギャラリー(豪徳寺)、酒蔵ギャラリー(岩槻)
ギャラリーフレスカ(新大久保)、Galerie Setellite(パリ)、村松画廊(京橋)
ギャラリーアートポイント(銀座)、Bunkamura Wall Gallery(渋谷)、ギャラリーあづま(銀座) 他

EXHIBITION

2019年11月6日~17日 CAF・N展(埼玉県立近代美術館)
2019年12月3日~8日 国画千葉支部展(松戸文化ホール)
2020年4月29日~5月11日 第94回国展(国立新美術館)
2020年9月29日~10月4日 個展(ギャラリーCreate洛・京都)

Artworks作品紹介

AIR-S-

制作年 2019年
号数 S50号
技法 綿布に土顔料
価格 480,000円
備考 額無し

AIR-三連窓

制作年 2019年
サイズ 60㎝×30㎝
技法 その他
技法 綿布に土顔料
価格 150,000円
備考 額有

AIR-気配―

制作年 2017年
号数 F 30号
技法 その他
技法 綿布に土顔料
価格 360,000円
備考 額無し

気溜まり

制作年 2018年
号数 P 10号
技法 その他
技法 綿布に土顔料
価格 120,000円
備考 額無し

窓の風

制作年 2019年
サイズ 34㎝×13㎝
技法 その他
技法 綿布に土顔料
価格 40,000円
備考 額有

光を纏う

制作年 2016年
号数 F 6号
技法 その他
技法 綿布に土顔料
価格 65,000円
備考 額無し

光満つる

制作年 2016年
号数 P 4号
技法 綿布に土顔料
価格 65,000円
備考 額有

エトルリアの舟

制作年 2016年
号数 SM
技法 その他
技法 綿布に土顔料
価格 45,000円
備考 額有

Other Recommendations他のおすすめの画家さん