長谷川利行 - 作家データ - 日本橋Art.jp(日本橋アート)
作家検索 検索結果 長谷川利行(Toshiyuki Hasegawa)

長谷川利行

Toshiyuki Hasegawa

京都府出身の洋画家、歌人。
昭和初期のモダンな東京をアトリエを持たずに「思い立ったら絵を描く」スタンスを生涯続けた。自由奔放な筆致と明るい色彩によって描いた。
その画風や、波乱に満ちた生涯から、「日本のゴッホ」とも呼ばれる。

BIOGRAPHY

1891年 京都山科に生まれる。
1911年 「みずゑ」主催の水彩夏期講習会に参加。
1923年 第1回新光洋画展で「田端変電所」が初入選。
1925年 第3回大阪藝術展で入選。
1926年 
再上京。前田寛治や里見勝蔵の知遇を得る。
第13回二科展で「田端変電所」が初入選。第7回帝展で「廃道」が入選。
一九三〇年協会展で奨励賞を受ける

1927年 第14回二科展に「麦酒室」などを出品し樗牛賞受賞。
1928年 1930年協会展に「地下鉄道」などを出品し奨励賞受賞。
1930年 二科展に「タンク街道」などを出品。
1937年 第1回一水会展に「NOANOA」などを出品。最後の公募展出品となる。
1940年 死去。

Artworks作品紹介

火の見櫓のある風景

サイズ 271mm×406mm
技法 その他

Other Recommendations他のおすすめの画家さん