作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

諸岡理

Satoru Morooka

SF映画のようなゴチャマゼ文化の街東京、点滅するカラフルなネオンライト、鋭角的なビルの光と影、地下鉄や車のノイズ、人々の会話、アルコールや香水の匂いなどが私の心を解き放ち絵を描かせます。

1948年
鎌倉に生まれる。

1972年   
東京の広告会社に籍を置きイラストの仕事をはじめる。
又油絵、水彩、アクリルで人物画、風景画を描き始める。

色々な雑誌や本(NFL、NBA、モータースポーツ、サッカー、経済誌、週刊誌、文芸誌)などに多数のイラストを描く。

又パンフレット、ポスターなどにも多数のイラストを描く。

ファションデザイナー(山本寛斎氏)のパリコレクションのために、テキスタイルデザインの仕事をする。

日本映画(日活、東映)の映画に使用するための絵を描く。

テレビCMやフジテレビ番組の中で使用されるためのイラストを描く。

F1イラスト作品集「F1Wonderland」を出版する。

NBAイラスト作品集「HOOPSTARS」を出版する。

イラストカレンダー、ジグソーパズルなどを販売する。

鳩山由紀夫氏のホームページ用フラッシュアニメーションを制作する。

携帯電話用のイラストコンテンツを制作する。
1991年  
「新宿コニカPlaza」「新宿三越」でおこなわれたF1イベントにイラストの原画を展示する

1992年  
「乃木坂アートホール」でイラスト原画展をおこなう。

1997年  
「王子ペーパーギャラリー銀座」で東京の夜をテーマにした絵画展「ネオンの夢 」の個展をおこなう。

2000年  
「アート1107」で東京の夜をテーマにした絵画展「ネオンの夢2」の個展をおこなう。

2008年   
日本橋のトライアンフギャラリーより東京の夜をテーマにした油絵、アクリル画(人物画、風景画)の展示販売を始める。

展覧会一覧