作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

早矢仕素子

MOTOKO HAYASHI

何を描きたいのか….絵を描くものにとっての最大の課題で、最も見つけ難いもの。
若い頃から自分は何処へ向かおうとして、何処に帰っていくのかを考え続けていた。
京橋のブリジストン美術館にルオーの『郊外のキリスト』という絵がある。
この絵がずっと気になっていた私は大学時代にクリスチャンになった。
郊外を歩くキリストの絵のように、何処か私が歩んでいる人生の中で朧げでもキリストに出会えたら…

そんな私も中年になり、雲を掴む様なモチーフ探しでは間に合わないと思い始め、ここ数年は聖書からの言葉を頼りに絵を描く様になっている。時には自分を励まし、時には自分を戒める聖書の言葉は形にするのはとても難しいものだが、それでも自分が創り出した空間とそこに存在するであろう建物を手掛かりとして、私はその中を彷徨いながら絵を描き続ける。

それが私の今..です。

1955年 東京生まれ
1979年 独立美術協会出品(以後毎年出品)
1980年 武蔵野美術大学大学院油絵コース終了(優秀賞) 造形学部油絵学科助手着任 
1982年 女流画家展出品(以後毎年出品)
1992年 昭和会(日動画廊)、神奈川県美術展(特選)
1995年 青木繁記念大賞展(優秀賞)
1997年 安井賞記念展(セゾン美術館)独立展(中山賞)
2001年 独立展(高畠賞)
2003年 女流画家協会展 (損保ジャパン美術財団奨励賞)
2003年 損保ジャパン美術財団奨励賞
2005年 独立展(独立賞)
2006年 独立美術協会 会員推挙
2009年 女流画家協会賞受賞
2010年 女流画家協会 委員推挙

現在 独立美術協会会員・女流画家協会委員・日本美術家連盟会員
多摩美術大学 統合デザイン学科 非常勤講師

EXHIBITION
2019年10月16日〜28日    独立展(国立新美術館)
2019年12月10日〜15日    北からの風ー高森明・早矢仕素子2人展ー(世田谷美術館 区民ギャラリーB)
2020年3月16日〜21日     早矢仕素子 個展 (光画廊)
2020年8月          レジーナ展(大阪高島屋)(横浜高島屋)

展覧会一覧