作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

谷藤重美

Tanifuji Shigemi

仕上がりを思い描き、銅板に溶液や熱で挑む。そこに現れてくる変化の一瞬を切り取るように作品に定着させる。厳密に言えば自分が作ったと云える物は何も無く、あるとすればほんの表面的な変化に関わったということくらいでしかない。しかしそれは「内にあるイメージ」と「モノの変化」とのせめぎ合いでもある。たえず「イメージ」と「モノ」を意識することは、何が「観念」で何が「実在」かを見極める力になる。私にとって「観念」と「実在」の分岐点に立つことがアートだと云える。

1944 秋田県雄勝郡東成瀬村にて生まれる

1967 主体美術展(東京都美術館)出展

1968 形象派展(愛知県美術館)出展

1970 名古屋駅前「青年の像」による ENCOUNTER

2001 手づくり工房奥伊勢 設立

2002 ギャラリーを併設 テレビ朝日「人生の楽園」にて放映

2018 OKUISE WORK に改定

2018 現代美術パドル展(高田会館)出展

2018 谷藤重美 現代アート展(OKUISE WORK)

2019 現代美術パドル展(三重県立美術館)出展

 

続きを表示

展覧会一覧

ブログ一覧

作家一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※