作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

伊藤恭子

Kyoko Ito

近年、「生きる力」をテーマに、力強い躍動的な「動」の表現を、黒を基調にした強いコントラスで抽象表現している。それとは対照的に、今年は「静」をテーマに取り組み、柔らかい色調の半具象作品で、見る人の心が穏やかになることを心掛けている。「静」といっても静止の「静」ではなく、静かの「静」。時間が止まっているのではなく、時間がゆっくり流れていくようなイメージで。

油絵独特のゴリゴリのマチエール(絵肌)が特徴。

1992
青山学院大学文学部卒

1996
武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒

1997以降 現在まで
    
個展多数   

日本橋高島屋6階美術画廊 (2006)
一番星画廊 (日本橋) (’98,’99,’00’,01’05,’11’14)
ミュージアム長瀞一番星 (2003)
サエグサ画廊 (銀座) (1997)
檪画廊 (銀座) (2007)
ギャラリーあづま(銀座) (16‘19)
   
グループ展  
KOKU 10/TEN  (銀座 ギャラリー向日葵) (’11,’12,’13)
新会員展 (銀座 井上画廊) (2015) 他

展覧会    
国展 (国立新美術館) 1996年以降(‘98年以外)毎年出品
昭和会展 (日動画廊) (’97,’99)
フィールド・オブ・ナウ展 (日本洋画商協同組合) (’00,’01,’02)
春の祭典 (洋画商協同組合) (’17,’18)
上野の森美術館大賞展 (’98,’02)
EU JAPON現代美術交流展 (パリ、ルクセンブルグ 他) (1998)
伊藤恭子展 (山形県酒田市 本間美術館) (2002) 
3人の女流作家展 (本間美術館) (2005)
東京アートフェア (東京国際フォーラム) (‘08,’09,’11)他  
   
現在 国画会会員 

作品収蔵  
「ラフレさいたま」(埼玉県 さいたま新都心)
「本間美術館」(山形県酒田市)
「一番星画廊」(東京都中央区日本橋)
「聖光が丘病院」(千葉県柏市)
「旭神経内科リハビリテーション病院」(千葉県松戸)
「ル・ジャポン」(東京都目黒区青葉台 レストラン)
「グランデユオ経堂Ⅱ」(東京都世田谷区経堂 マンション)
「青山学院高等部」(東京都渋谷区)
「八千代わかば幼稚園」(千葉県八千代市)

展覧会一覧