作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

東山魁夷

Kaii Higashiyama

戦後を代表する国民的日本画家の一人。
1908年横浜市に生まれる。

一見洋画のような印象を与える独特な日本画が特徴。日本中を写生して回り、目に映る景色を忠実に再現しながら自身の感情も投影した作風は現代でも多くの人を魅了している。

1908年(明治41)
・横浜にて生まれる

1926年(大正15)
・東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科に入学。

1929年(昭和4)
・最初の展覧会出品作【山国の秋】が第10回帝展に入選。

1931年(昭和6)
・東京美術学校日本画科を卒業
・研究科にて結城素明に師事、「魁夷」を雅号と。
・「六篠社」を結成

1933年(昭和8)
・東京美術学校研究科を修了
・美術史を学ぶためにドイツ,ベルリン大学哲学科に留学。

1935年(昭和10)
帰国。

1937年(昭和12)
・初めての個展「東山魁夷滞欧スケッチ展」を神戸にて開催。

1939年(昭和14)
・「日本画院」の第1回展に【冬日(3部作)】を出品、日本画院賞第一席を受賞。

1940年(昭和15)
・「日本画院」に【季節と高原】を出品、日本画院賞第一席を受賞。
・川崎小虎の長女すみと結婚。

1941年(昭和16)
・「日本画院」に【自然と形象】を出品、日本画院賞第一席を受賞し3年連続第一席に輝く。

1947年(昭和22)
・第3回日展に【残照】」(東京国立近代美術館蔵)を出品し特選を受賞。風景画家として活動していくことを決意。

1950年(昭和25年)
・1931年の東京美術学校卒業生有志による「六窓会」の結成に参加。

1954年(昭和29)
・第1回現代日本美術展に【晩照】を出品、佳作賞を受賞。

1955年(昭和30)
・東京で「東山魁夷新作展」を開催。

1956年(昭和31)
・前年の第11回日展に出品した【光昏】」(日本芸術院蔵)により日本芸術院賞を受賞。
・神戸にて個展「東山魁夷個人展」を開催。

1959年(昭和34)
・「東山魁夷『東京』展」を開催。

1960年(昭和35)
・東宮御所の壁画【日月四季図】が完成。

1961年(昭和36)
・初めての回顧展「東山魁夷自選展」を東京にて開催。
・皇居吹上御所の新築に伴い、宮内庁から依頼をうけていた【萬緑新】を制作。

1963年(昭和37)
・「東山魁夷北欧風景画展」を開催、前年の北欧旅行の成果を発表する。
・神戸にて「東山魁夷代表作品展」を開催。

1965年(昭和40)
・日本芸術院会員に任命される。3月、日展理事に就任。

1966年(昭和41)
・宮内庁より依頼を受けた新宮殿壁画制作のためほぼ一ヵ年をついやす。

1968年(昭和43)
・「東山魁夷展-皇居新宮殿壁画【朝明けの潮】下図/京洛四季-」を開催。

1969年(昭和44)
・毎日芸術大賞を受賞。
・大阪にて同賞受賞記念「東山魁夷展」を開催。
・文化勲章を受章。
・文化功労者に選ばれる。
・皇居新宮殿壁画、唐招提寺御影堂障壁画等を制作。

1971年(昭和46)
・奈良県の唐招提寺御影堂障壁画の制作依頼を受ける。
・東京、大阪、名古屋、神戸、京都4都市で「東山魁夷新作展」を開催。
・東京セントラル美術館、兵庫県立近代美術館で「東山魁夷展」を開催。

1972年(昭和47)
・鑑真和上と唐招提寺の研究にあて、障壁画の構想を作る。

1973年(昭和48)
・東京、神戸、名古屋で「東山魁夷『白い馬の見える風景』展」を開催。

1974年(昭和49)
・日展理事長に就任(~1975年)
・岩手県民会館にて「東山魁夷展」を開催。

1975年(昭和50)
・エリザベス英女王の訪日に伴い、昭和天皇から寄贈する作品【春の曙】を制作。
・唐招提寺御影堂の第一期障壁画【山雲】【濤声】が完成。
・東京、大阪、名古屋、神戸にて「東山魁夷唐招提寺障壁画展」を開催。
・昭和天皇のアメリカ訪問に伴い、フォード米大統領に贈られる作品【夏山白雲】を制作。

1976年(昭和51)
・日本文化界代表団の一員として中国を訪問。
・詩画集『コンコルド広場の椅子』の原画を制作。
・西ドイツ大統領から功労大十字勲章を贈られる。
・熊本、石川県美術館で「東山魁夷展」を、また神戸で「東山魁夷五十年の歩み展」を開催。

1977年(昭和52)
・パリ日本大使館大使公邸のために【青い谷】を制作。
・パリのプチ・パレ美術館で開催された「唐招提寺展」に障壁画【山雲】【濤声】が展示に伴い訪仏。
・東京にて「東山魁夷展」を開催。

1978年(昭和53)
・千葉県立美術館にて「東山魁夷展」を開催。
・北京と瀋陽で「日本東山魁夷【夷画展覧】が開催されたのにともない三たび訪中。洛陽、南京、揚州を歴訪後、黄山に登り写生をおこなう。11月、パリで詩画集『コンコルド広場の椅子』原画展が開催され、シラク・パリ市長から金牌を贈られる。

1979年(昭和54)
・第二期唐招提寺障壁画の構想をまとめ、6月に試作が完成、本制作にかかる。
・東ドイツのベルリン、ライプツィヒで「東山魁夷展」が開催。

1980年(昭和55)
・第二期障壁画【黄山暁雲】【揚州薫風】【桂林月宵】が完成。
・東京、名古屋、大阪3都市にで「東山魁夷第二期唐招提寺障壁画展」が開催。6月に障壁画を唐招提寺に奉納。

1981年(昭和56)
・「東山魁夷・東と西を結ぶ展」を開催。
・東京国立近代美術館にて「東山魁夷展」を開催。
・唐招提寺鑑真和上像厨子絵【瑞光】を奉納。

1982年(昭和57)
・新潟にて「東山魁夷唐招提寺への道展」を開催。
・東京で「東山魁夷唐招提寺全障壁画展」を開催。第一・二期障壁画と厨子絵【瑞光】がはじめて一堂に展示。
・国立国際美術館にて「東山魁夷展」を開催。
・「白い馬の見える風景」展をパリにて開催。
・佐野美術館にて「東山魁夷展―山河遍歴―」を、神戸市立博物館では「東山魁夷・中国の旅展」を開催。

1983年(昭和58)
・大阪、名古屋にて「東山魁夷『樹々は語る』展」を開催。
・西ドイツのミュンヘン、デュッセルドルフ、ブレーメンで「東山魁夷展」が開催。

1984年(昭和59)
・日展顧問に就任。
・西ドイツのプール・ル・メリット学術・芸術院の外国人会員に選任。・清春白樺美術館にて「東山魁夷展―三つのシリーズ―」を、長野県県民文化会館にて「山河遍歴・東山魁夷展」を開催。

1985年(昭和59)
・ボン大学にて徽章を受ける。

1986年(昭和61)
・日本芸術院第一部長に選任される。
・所蔵の自作品を一括して長野県に寄贈することを決定。
・北澤美術館にて「東山魁夷展―風景遍歴―」を開催。

1987年(昭和62)
・家蔵の自作500余点を長野県に寄贈。

1988年(昭和63)
・京都市美術館、名古屋市美術館、兵庫県立近代美術館にて「東山魁夷展」を開催。
・市川市文化会館にて「東山魁夷展―唐招提寺への道―」を開催。

1989年(昭和64/平成1)
・ベルリン、ハンブルク、ウィーンにて「東山魁夷展」開催。・オーストリア造形芸術家協会、ウィーン・キュンストラーハウス名誉会員に推挙る
・西ドイツ・バイエルン州功労勲章を受章。・「ベルリン・ハンブルク・ウィーン巡回展帰国記念東山魁夷展」を開催。

1990年(平成2)
・今上天皇の即位にともなう大嘗祭で宮内庁から皇居豊明殿を飾る【悠紀地方屏風絵(悠紀地方風俗歌屏風)】の制作依頼を受ける。
・長野県信濃美術館に併設して東山魁夷館が開館。

1992年(平成4)
・ユネスコ芸術賞の創設に対する貢献により、ユネスコ・ピカソ金メダルを贈られる。

1994年(平成6)
・信濃毎日新聞社から第1回信毎賞を贈られる。・長野県信濃美術館・東山魁夷館にて開館5周年記念「東山魁夷信州を描く」展を開催。
・市川市に東山魁夷アートギャラリーが開館。

1995年(平成7)
・東京、京都および長野県信濃美術館にて「米寿記念東山魁夷展」を開催。
・東山魁夷心の旅路館開館(岐阜県中津川市山口1番地15)

1997年(平成9)
・<卒寿を迎えて――「私の森」>展開催(神戸・福岡)。

1998年(平成10)
・長野県信濃美術館・東山魁夷館で長野オリンピック文化・芸術祭参加/長野パラリンピック文化プログラム「人と自然、そして祈りin Japan」展(長野)が開催され、三部構成のうち第Ⅱ部が「東山魁夷・自然との対話」にあてられる。
・清春白樺美術館で「東山魁夷青春の滞欧スケッチ1933-35」展を開催。5月より富山県立近代美術館、千葉市美術館で「東山魁夷展」を開催。

1999年(平成11)
・老衰のため逝去。長野市善光寺大本願花岡平霊園に葬られる。享年90歳。

続きを表示

展覧会一覧

作家一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※