作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

竹内清訓

Kiyonori Takeuchi

【経歴】
放送作家、作詞家、脚本家、キャラクタープロデューサーなどマルチクリエイターとして活躍する異色の画家。さらに神社本庁の神職資格を有する現職の神主でもある。「地球のリズム、宇宙のリズム、時の流れ、人類の流れ。自分ではない何者かによって描く役割を与えていただいた絵。それは極わずかに出現しただそこに存在する。」

【画歴】
・ワインエチケット『SO WHAT』スペイン・マンサノス社
・連載画『JAZZ JAPAN』
・装丁画 小池一夫著『狼の夜咄』『小池一夫対談集 キャラクター60年』『年寄りは弱虫なンかがなれるもんじゃねえ』
・他、TVや雑誌のイラストなど多数
など
・コンセプト:無意識状態で描く森羅万象の作品から、『JAZZシリーズ』『SAMURAIシリーズ』『シャイニー・スマイルシリーズ』『神社シリーズ』などと銘打った、それぞれのシリーズコンセプトに沿った作品を創作しています。

展覧会一覧